アマゾンで買うと損する!?

国内の三大強豪大手ショッピングサイト(Amazon,楽天,Yafoo!)をサーフィンしてみるとわかることなんですが、なんとなく異色な存在を放っている『Amazon』。

”ポンパレ” や ”Wouma” は、どちらかと言うと、楽天,Yafoo!寄りの雰囲気を持っています。どうして「Amazon」は他のネットショップと違う気がするのか・・ その辺の事情を追求します!

※ Amazonと他のネットショップの違いは何?

「アマゾン」と他のネットショップとの大きな違いは、”商品型” か ”店舗型” か というところではないでしょうか。

要するに、商品そのものを出す(出品する)か、お店を出し(出店する)その中の一部の商品として販売するか の違い、と考えます。

根本的に商品の出し方が違うアマゾン.

店舗型は、各企業・各お店自体が 一つのショップとして出店し、いわば 百貨店にテナントとして出店するというのと同じ。ここでは商品の品数が重要で、派手な宣伝(目立つサイト構成)が必要になってきます。

これに比べてアマゾンの販売方式は完全に商品型。
 1つの商品に 同一商品・同ジャンルの商品を集め、各ショップ・企業が「出品」する形です。店舗型と違い、派手なサイト展開などは全く必要ありません。その商品自体の魅力・販売力が勝負となります。

アマゾンはそこがユーザーにとって利用しやすい点で、1つの商品ページに 他店から出品している同一の商品が紹介されることで、比較がしやすく その中からじっくりと 自分の欲求に応じたものを選択する事ができるので、他のショップで買った場合よりも 買った後の満足感がより大きく、後悔しづらい という利点があります。

こういう点が、アマゾンに圧倒的ファンが多い理由ではないでしょうか。

エムロックグループの販売戦略は最強!

通常のショップは 大手3大ネットショップに同時に出品・出店すると、その販売方法の違いなどで 徐々に疲弊していって、いくつかのショップから撤退する というケースが見受けられます。

ですが、エムロックグループはケノン販売当初から楽天での販売注視で、他のネットショップとの提携はしていませんでした。細かい事情はわかりませんが・・ 
Amazonで販売を始めた今、それが「功を奏した」という気がします。

なぜなら、アマゾンでは 商品の販売力がないと売れないからです。

エムロック(アローエイト)は知らず知らずのうちに、ケノンのブランド化に成功していて(楽天ランキングの順位を見てもわかる通り)ケノン自体の販売力を強化した上で、アマゾンに出品したわけです。
 しかも、アローエイト管理のもとで、価格・サービス品などはほぼ同等。

すでにブランド化されているケノンがアマゾンで売れないわけがありません。