ケノン vs 医療脱毛(クリニック).

ケノンと医療脱毛を比較することは、さすがに恐れ多い・・ というか、「月とスッポン」くらい?(そこまで行かないか?)
 とにかく、脱毛方法・脱毛効果・持続期間(無毛状態を維持できる期間)のどれを取っても勝てるものではありません。それは医療クリニくと脱毛サロンと比較する場合と同じ事です。

※ 医療脱毛(クリニック)よりもケノンを選ぶ決め手は?

《決め手その1》価格・値段.

ここは、やはりコレが一番でしょう。医療脱毛の価格は、脱毛サロンも到底及ばないほど高額です。
 ”全身脱毛” を例に取ると、

医療脱毛・・40万〜60万.
脱毛サロン・・20万〜40万.
ケノン・・7万〜10万.

平均価格の推移を数字にすると、おおよそこんなところです。

しかも医療クリニック・脱毛サロンはこれに加えて 回数制限がある場合が多いのです。確かにそれだけ、脱毛効果においてはピカイチで ほとんど永久脱毛に近い ”半永久脱毛” が望めます。
 ケノン・脱毛サロンは、あくまでも一時的な脱毛にすぎません(個人差あり)。

ケノンと医療脱毛を比べるのは、価格を取るか脱毛効果を取るか の「2者択一」を迫られる選択 とも言えますが、ケノンでの脱毛も 本体さえ壊れないで、カートリッジを延々と追加して使い続ける事が出来れば、これは別の意味で ”永久脱毛” と言えるのではないでしょうか。。

《決め手その2》脱毛回数制限・予約からの解放は言うまでもない.

ココもサロン同様に・・ といっても、医療脱毛の場合は、脱毛サロンよりも圧倒的に脱毛効果が高いので、回数も脱毛サロンのほぼ3分の1。5回〜6回の施術で、ほぼ脱毛完了!ぐらいの効果が期待できるため、回数的に言えば 通うのは、そこまで苦にならないほどのもの だと言えます。
 ただ、予約については 煩わしさは同じではないでしょうか..

《決め手その3》「毛周期」というメンドクサイ施術サイクル.

医療脱毛においても 例に漏れず、より効果的な脱毛を目指しているため、この ”毛周期” に沿った施術が行われます。医療の場合は、脱毛サロンに比べると若干短く、最初の数回は1ヶ月置き、で 徐々に2ヶ月間隔となるようです。

 ケノンも取説では、「毛周期に沿って2週間置きという記述がありますが、「そもそも毛周期は2週間足らずでは到底周りきらない(一部の性毛を除く)」というツッコミどころが存在し、しかも ケノンを操作するのはほとんどが ”脱毛ドシロウト” 達で、「毛周期?ナニソレ」というような人ばかり。
 よって、実際の処理は「見たとこ勝負(生えてきたら照射!)」的な部分が大きいのが現状です。

ですが、ケノンではそれが許されるワケです。なんせ 自分専用の、いつでも!どこでも!何度でも!自由に使える家庭用脱毛器なのですから!!