気になるレーザー脱毛器トリア4X.

脱毛器ケノンAmazon
ケノンに対抗できる家庭用脱毛器として一番有力なのがコレ。

家庭用レーザー脱毛器「トリア」です。
こちらの脱毛器はケノンと比較すると言っても、そもそも使用している光の種類が違うという根本的な部分から異なっているため比較のしようがない部分がありますが・・

あえて似たような比較対象になるものを挙げるとしたら、「脱毛サロン」と「医療脱毛クリニック」の違いのようなものです。
脱毛サロンの処理がフラッシュ式なのに対し、クリニックでの処理はレーザー方式。
その他の細かい設定の違いも・・

ケノンとトリアの違い.

ケノン

公式サイト提示価格;¥69,900-(税込)
・光源;IPL.
出力波長:500〜1200nm.
・10段階出力調整機能搭載.
・AC電源コンセント接続式.
・照射回数;最大20万回.
(カートリッジによって可変)
・ハンドピース重量;120g.
・美顔機能あり.

トリア4X

公式サイト提示価格;¥54,800-(税込)
・光源;ダイオードレーザー.
出力波長:810nm.
(JIS安全基準/クラス1)
・5段階出力調整機能搭載.
・充電式/フル充電後稼働時間;30分
/本体一体型リチウム電池内蔵.
充電回数は不明;500回.
・総重量;約600g.

と、大まかに書くとこのようになります。

「IPL」と「ダイオードレーザー」の違いは?

ケノンとトリアの違いの最たる部分がココです。「IPL方式」と「レーザー方式」という違い。
それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

「IPLフラッシュ方式」
500nm以下の有害な光(紫外線)を含まない、それ以上の波長から1200nm以下の 様々な波長の光を取り込み、その取り込んだ光を特殊なフィルターでふるいにかけます。ふるいにかけられた光はすべて黒や茶(メラニン色素)に反応する光のみで、フィルターを通過した光は肌の黒い部分、毛根やシミなどに反応し 取り込まれます。
 さらに取り込まれた光は熱エネルギーへと変換し、熱によってダメージを受けたメラニン色素は徐々に退化していくため、脱毛及びシミ,ソバカスなどの改善に効果を示す というものです。

「レーザー方式」
こちらも原理としてはIPLフラッシュとなんら変わりはありません。が、光の種類に違いがあります。
レーザーというのは、IPLの中でも、ある特定の波長のみ!を示す光のことです。トリアで使われているレーザー光はダイオードレーザーで、この光が示す波長は “約810nm”。
その他にもレーザー脱毛で使われるレーザーはいろいろです。「アレキサンドライトレーザー 波長数 約755nm」「ルビーレーザー波長数 約690nm」「ヤグレーザー波長数 約1064nm」などなど。
 

 基本的に、IPLという光の束による脱毛は、個々の光が分散する傾向にあるため、脱毛効果が弱いという難点があります。
それに比べるとレーザーは、一定の方向に突き進む特質から、レーザーの種類を変えることでそれぞれの得意とするトラブルに対して集中的に作用するため、高い効果が得られるという利点があります。

レーザー脱毛が家でできるの?

レーザー脱毛と言っても、医療クリニックで行われるレーザーとは出力差が歴然と違います。
 そもそも、本来 日本国内ではレーザー脱毛は医療行為に当たるため、医師以外のシロウトがレーザーを照射したりする行為は禁止されています。ではなぜトリアは市販されているのでしょうか?

【POINT.1】トリアは医療機器ではないこと.

トリアは輸入される段階では「医療機器」ではなく「美容機器」として入り、日本で販売されています。
ですが、レーザー脱毛器として 「医師以外の人が他の誰かに脱毛処理をして代金をもらった」というような場合はちょっと危ない行為かもしれませんので注意しましょう。

【POINT.2】トリアの出力設定は医療脱毛のわずか3分の1.

トリアの最高出力は20Jです。これは医療レーザーの最高出力60Jの3分の1の量。このことからトリアが誰もが使える安全なレーザー脱毛器であることが伺えます。

 
 

トリア公式サイトでの詳細を見る >>

Amazonでトリア詳細を見る >>

トリア・パーソナルレーザー脱毛器 4x(ラベンダー)

新品価格
¥44,699から
(2017/5/7 19:06時点)